明倫学区内にあるマンションではどのような運営や活動が行われているのか

マンションにお住まいの方に紹介して頂き、自治や住民交流などの情報交換の場に

なることをねがっています。  

 

明倫マンションネットワークMMN)ブログを

立ち上げました。

 

第1回『ローレルコーLAUREL COURT 室町

所在地中京区室町通六角下る鯉山町518番地

ローレルコート室町(略して、LC室町)は平成10年(1998年)2月から入居が始まりました。事業主は近鉄不動産・山中(株)で祇園祭「鯉山」町席の向いにあります。鉄筋コンクリート造地上10階建、地下は居住者用74台、来客用7台の駐車場です。間取りは2LDK:27戸、3LDK:87戸、4LDK:21戸、総戸数135戸のファミリータイプ・永住型で、24時間体制のセキュリティシステムを採用しています。 

 理組合の理事会は組合員から理事9名、監事1名(毎年交代)の10名で構成、月1回理事会を開催、広報紙を発行しています。理事長(または理事長の承認者)は鯉山町内会副会長、(財)鯉山保存会のLC室町代表者としての正会員、そして毎年の行司役を 兼務します。任期は翌年3月までの1年。LC室町の居住者は意識高揚や防犯のための「あいさつ運動」を励行、自衛消防隊は防火管理者を隊長に毎年5月に 中京消防署と明倫消防分団との連携のもとで「消防避難訓練」を実施しています。秋には西側緑地での柿狩りを行います。

ローレルコート室鯉山

 LC室町は鯉山町内会では、在住者・企業各社の  T類に対して、U類(町会費は各住戸1軒につき500円に設定)として位置付けられ町内第4組を結成しています。町会費がほぼ半額なので、町内会の行事に参加する場合、U類の居住者は別途参加費が徴収されます。LC室町の加入で町内会の世帯数が増え、婦人会、子供会にも在住者・企業各社の方々と協力して、地蔵盆の行事が復活し、秋には観光バスを利用してのレクリエーション、年末にはお楽しみ会が発足して活気あふれる鯉山町になりました。

 鯉山町には、園芸クラブホームページクラブ・http://www.koiyama.com茶道クラブが順次発足し、LC室町の居住者と在住者・各企業の方々といっしょに和気藹々と毎月例会を開催しています。在住者・企業各社とLC室町とのシンク・タンクが協力して、 「明るく楽しい鯉山町」を築いています。

 ローレルコート室財)鯉山保存

 LC室町入居案内パンフレットに「ご入居の方は、(財)鯉山保存会・友の会への加入資格がありますので、保存会・友の会の会員として祇園祭りに参加が可能です。」と写真入りで記載されていました。入居後すぐに保存会の方より、“鯉山友の会”の説明会がありました。祇園祭中の諸行事に参加するには、“鯉山友の会”に入会する必要があり現在延べ55軒(約40%)が入会して、町席飾りや厄除けちまき・お守りの物販奉仕、ローソク売り、巡行のお供や後片付けの諸行事に参加しています。

LC室町の事業主が竣工時“鯉山友の会”会員用に巡行用の衣装セットを5着作られ、“鯉山友の会”の 会員が順番に祇園祭巡行のお供に参加できるようになっています。伝統ある祇園祭「鯉山」を維持・保存・継承してゆくために、LC室町の居住者も祭りを遊び・楽しみながら積極的に協力しています。

ローレルコート室明倫学

 明倫自治連合会のボーリング大会、歩こう会、区民運動会、もちつき会ほか諸行事にもLC室町の居住者は積極的に参加し、地域住民の方々との関わりも良好になっています  

まちづくり委員会、明倫消防分団、体育振興会、  明寿会、広報紙「明倫」の編集委員やフォークダンス部、コーラス部等にも参加して地域社会の活性化に 貢献しています。新しく引越して来られた方も、屋内に閉じこもらないで、明倫学区の諸行事に参加され「新しく引越して来た者です。」と謙虚に言って参加すれば、在住の皆様はやさしくあたたかく迎えてくださるのが明倫学区です。京都市の中心部でありながら歩いて廻れる所や歴史的史跡も数多く、便利で歩く範囲で生活のほとんどが賄えるのも魅力で、人情味豊かな明倫 学区に住めることのありがたさを実感しています。

記・ローレルコート室町 赤井又三

 

 

第2回  レスタージュ四条烏丸ラティス

所在地:中京区室町通錦小路下る菊水鉾町573番地

 レスタージュ四条烏丸ラティス(略して、ラティス)は平成14年(2002年)9月から入居、鉄骨コンクリート造13階建で、総戸数は87戸です。

 1階のエントランスホールは、京都の路地裏の雰囲気を出し、2階には、菊水鉾保存会会所があり祇園祭期間中使用されます。十二階には、大文字送り火の観覧用テラスがあります。

 ラティス管理組合は今年で2期目となります。今年6月には、消防避難訓練を行いました。

 ラティスの地は、茶道の始祖千利休に師事した、茶人の武野紹鷗が「菊水の井」をこよなく愛し、ここに庵を結び茶亭を“大黒庵”と称しました。また、金剛流能舞台の跡地でもあります。     

   レスタージュ四条烏丸ラティスと菊水鉾町                  

    菊水鉾町内の開催される集会には積極的に参加していきたい。 

   レスタージュ四条烏丸ラティスと祇園祭

  ラティス居住者の中で現在9軒が菊水鉾保存会に入会しています。

  入会者以外でも、七月一 日から二十八日の祇園祭期間中、ちまき作りやちまき等の授与鉾片付け等に参加します。  

 

   レスタージュ四条烏丸ラティスと明倫学区

明倫自治連合会の発信基地になるよう努力したい。

京都の中心部のマンションとして環境の向上に努めてまいります。

               記・レスタージュ四条烏丸ラティス管理組合

 

第3回 『三条室町 アーバンライフ』       

所在地:中京区室町通三条下る烏帽子屋町486‐1     

三条室町アーバンライフは平成十二年(2000年)十二月から入居が始まりました。京呉服の街として栄えた「室町」と、時代の息吹を柔軟に呼吸してきた三条通りが交差する三条室町五色の辻」とも呼ばれた界隈に位置し、    

鉄骨コンクリート造地上十一階建、駐車場は居住者用三十台来客用二台で、歩車分離設計を採用。住棟をT字型に配置し両側バルコニーをはじめ、全居室に窓があるタイプなど、1LDK+フリールームから4LDKまでの九タイプ、総戸数は65戸(40戸が角屋住戸)のファミリータイプで二十四 時間体制のセキュリティシステム採用しています。 

管理組合の理事会は月1回行っています。景観と調和した大きな和風キャノピー(ひさし)の車寄せは晴れの日、雨の日を問わずご訪問客の送り迎えも快適です。二十四時間対応のキャシュデリバリー機能付宅配ロッカーを設置。プライバシーを確保するために、開放廊下から少し奥まった所に玄関を設けるアルコープ式玄関。玄関ドアが地震で変形し扉の角が枠に接触しても、開閉できるような対策を施し、玄関からの脱出を可能にした耐震枠玄関ドア。明倫学区で唯一ペット等の同居が可能です。

今年初めから他のマンション同様、光ファイバーによるマンション型インターネットへの接続が可能となり、新しいブロードバンドによるIT情報システムの利用が始まりました。

三条室町アーバンライフと烏帽子屋町                          

 烏帽子屋町では以前火災がありましたので火伏せ祈願のため、毎年六月の愛宕山参拝登山の行事に参加。住み継ぐ町で住み継ぐ人に。祇園祭「黒主山」の諸行事に参加して、維持・継承・保存に努め ております。現在、明倫消防分団員五名が在籍しており中京消防署の指導のもと消防避難訓練を実施。区民運動会やボーリング大会等に積極的に参加しております。                                                 記・脇野喜久男  

 

 

第4回 『三条室町パーク・ホームズ』

所在地 三条通室町西入衣棚町53-

 

三条室町パーク・ホームズは平成8(1996)年3月から入居が始まりました。鉄筋コンクリート造、地上十一階建て、2LDK〜3LDKまでの7タイプ総戸数は53戸です。三条通と室町通の交差点より少し西に入ったところに位置し、三条通に面した北棟と南棟の分離型配列で、2棟の中央部に吹抜けを配し、開放感あふれる住棟配置になっています。

一階は小規模集会も可能なエントランスホールを設け、入口をはいれば広々とした開放感あふれる空間になっています。伝統的な町屋の情緒を今に伝える室町通などの街並景観との調和を考慮して、シックなタイル貼りの外観、町屋を意識した格子風手摺りを採り入れたバルコニーなどモダンな中に趣きを備えた装いになっています。共用部分には防犯カメラを設置し防犯体制を強化し宅配ロッカーも設置しています。

管理組合理事会は定例としては、2ヶ月に1度開催しています。

◆町内会・祇園祭との関わり

例年、町内会担当の理事を選任し、町内会活動にも参画し、祇園祭期間中は、衣棚町鷹山保存会による人形飾りが7月15日、16日に東隣の町屋にて行われ、三条室町パーク・ホームズの担当理事も祭当番に協力し、町内会や鷹山保存会の一員として参加しています。

鷹山飾り|應仁元(1467)年以前より之を出し、天明8(1788)年大火後一時舁山に改めたが寛政10(1798)年より曳山となる。応仁の頃、釜座町と2ヶ所より出したが、徳川幕府時代は当町北町のみより之を出していた。

鷹狩りの行装せる鷹遣いが、犬飼い及び樽を負い、手に粽を持った従者2人を随伴する。俗に「太郎山」または「樽負山」と称した。この人形は右大将頼朝なりとも中納言行平とも言い、おそらく光孝天皇仁和2(886)年芹川野の行幸のとき、行平供奉の鷹匠姿を模したものであろうと言う。

人形3体に囃子を有し非常に大きな曳き山で、車は長刀鉾と共用していた。文政9(1826)年神事の節、大風雨にて大破に及び、翌年より加列しなくなった。

以後、町会所2階にて人形飾りを行い現在に及んでいる。ただし、元治元(1864)年大火の節3人形の首および上手のみ焼失を免れ現存するを得た。(衣棚町鷹山保存会)

◆明倫自治連合会との関わり町内会を通じて、各種の行事などに個々が参加しています。

太田 秀昭

 

 

第5回 APAガーデンコート烏丸六角』

所在地 六角通烏丸西入る骨屋町148

アパガーデンコート 烏丸六角は、平成15(2003)年11月から入居が始まり、鉄骨鉄筋コンクリート造り12階地下1階建てのファミリータイプで、総戸数は55戸です。

TVモニター付インターフォンを設置、バリアフリー設計、留守でも安心の宅配ロッカー、24時間監視システムが整い、リビング天井高2650mm、L45フローリング、スラブ厚200mmの快適設計です。

ペットの飼育は管理組合に届ければ可能。地下駐輪場へは専用のエレベータ
ーが玄関横にあります。玄関と一階、二階には格子と軒瓦が施され近隣町屋に配慮された外観となっております。

管理組合は、16年4月に立上げ、理事は6名で構成されています。任期は2年の内半数は1年引継ぎ残留で、連絡事項の徹底化を図り、理事会は月2回開催され毎回80%の出席率です。

町内行事や明倫自治連合会の行事にはまだほとんど参加しておりませんが、地下集会室では、地蔵盆が復活しました。1階ロビーでは祇園祭「浄妙山」の山飾りの場として提供し、管理組合理事長は理事として、維持・継承・保存に携わっており、『浄妙山友の会』の会員8名が巡行に参加しております。

 

アパガーデンコート烏丸六角と骨屋町  

当マンション販売主(APA:Always Pleasant Amenty(いつも気持ちの良い環境を)のアフターサービスの対応の悪さに端を発した諸問題を解決するために、住民間の結束力が強くなり、問題がおこれば全員で解決し、あいさつ運動をつうじて意識高揚につとめております。

記・管理組合理事長 後藤 郁雄

 

 

第6回 コンフォール室町六角』

所在地:中京区室町通三条下る烏帽子屋町500

マンションの特徴

 コンフォール室町六角は平成16年(2004)3月から入居が始まりました。鉄筋コンクリート造、地上10階建て、3LDK〜1LDKまでの3タイプで総戸数は31戸です。

室町通りと六角通りの交差点の角地です。1階には集会および来客の応接用として利用可能なエントランスホールと宅配ロッカーが設置してあり、(株)環(たまき)商事(マンション販売)の店舗があります。外観は室町通りの街並み景観を考慮して、タイル張りと町家を意識して、  屋根瓦を配し竹林が造られています。

共用部分は防犯カメラを設置して防犯対策を強化しています。また、

(株)環 商事は祇園祭「黒主山」の運営に協力されています。

管理組合理事会について

役員全員が0からのスタートで、何から手をつけたらよいのかわからず苦労しましたが、役員全員と居住者の理解のもと、無事総会も終了できました。

町内会との関り

コンフォール室町六角に居住して約一年半、やっと落ち着き始めたばかりで、町内会活動はこれから除々に関わっていくつもりです。              

耐震強度偽造問題に関して、「前略――タマキでは設計業者と施工業者が互いに厳しくチェックしあえるように一括発注を避けて、設計事務所とゼネコンに分離して委託する姿勢を貫いています。中略

建築基準法による公的な建築確認及び検査はすべて適性に合格していますのでご心配はいりません。後略――」といった内容の文書が全戸に配布されました。

管理組合理事長 馬場 芳昭

 

 

第7回 ライオンズマンション室町三条』

  所在地 室町通三条下る烏帽子屋町482番地

 マンションの特徴 

ライオンズマンション室町三条は、平成十(1998)年二月から入居が始まり、鉄骨・鉄筋コンクリート造地上十一階建て、総戸数三十四戸で、比較的小規模なマンションです。

エントランスは入居当初からオートロックですが、その数年後防犯面を強化するため防犯カメラを設置、また、日常生活の利便を考慮して宅配BOXを設置しております。

管理組合は、年に一回定期総会を開催、理事会は不定期ですが年に数回開催し、いろいろと協議しております。

特に、防犯カメラ、宅配BOXの設置や光ファイバーの導入等は、アンケートによる全員の意識調査や臨時総会を開催し、全員がよりよい住環境を目指して意見交換を行い各種設備の充実につとめております。

管理員は、火曜日と金曜日は8:30〜17:30、その他の曜日は近隣と掛持ち、土曜日は8:30〜12:00勤務。児童は1〜2人で主だった行事はありません。

町内会・祇園祭・自治連合会との関り 

町内会に対しては管理組合として町内会費を納めており、各種行事への参加は各個人(個戸)の自主性を重んじております。祇園祭や明倫自治連合も現在は個人参加ですが、管理組合としての取組み等は今後の課題です。

           記 管理組合 平山、木村

 

8回 サンクタス 四条室町

 所在地 中京区室町通錦小路下る菊水鉾町570番5

 

サンクタス 四条室町は、平成13年(2001)6月入居開始、鉄骨鉄筋コンクリート造、地上   10階地下1階建て、4LDK 13戸、3LDK 35戸、2LDK 11戸総戸数 59戸です。

マンションの特徴

 お年寄りにやさしい「京都府福祉のまちづくり条令」適合マンション。格調の高い総タイル貼りで、四季を演出する草花と緑あふれるエントランスの寄せ植えや樹木に囲まれ、鯉山町と同様に緑の少ない室町通に潤いを提供しております。エントランスホールとエレベータには、癒しをあたえるBGMが流れております。

 管理組合の理事は、輪番制で、理事長、副理事長、監事、理事3名の6名で構成され、現在   5期目で、年7〜8回理事会を行い、総会は年に1回開催しております。消防避難訓練は不定期ですが行い、緊急時のために中京消防署・明倫分団員の方に建物の構造、消防設備等を認識していただいております。

 管理員は、月曜日から金曜日は9:00〜17:00、土曜日は9:00〜12:00勤務。

 児童は未就学児が居られるのみで、子供の行事は現在ありません。

町内会・祇園祭・明倫自治連合会との関り

 町内会には、居住者個々ではなく、管理組合として町内会に入会しております。祇園祭とは、個々としては“ちまき”つくり等のボランティア、菊水鉾保存会への協力を行い、管理組合としては、毎年、町内会の指導のもと露天商との話合い等を行っております。明倫自治連合会の行事への参加は、コミュニティボードを通じて呼びかけており、入居当初は、管理組合総会の会場に自治会館(幼稚園遊戯室跡)を拝借しておりました。 

                                   記・管理組合理事長 島崎

 

 

第9回 『エステムプラザ 京都四条烏丸

所在地:中京区蛸薬師通室町西入る姥柳町206−2

                                     エステムプラザ 京都四条烏丸は、平成16年(2004)3月入居開始、鉄筋コンクリート造、地上11階建て、2LDK総戸数40戸です。マンションの特徴:古き良き街並みにしっかりと溶け込んだ独特の外観は、和と洋を取り入れたクラシカルモダンな雰囲気に。マンションの顔ともいえるエントランス周りには、優雅さと上品さを醸し出す天然石をセレクト。最新のニューメディア防犯カメラシステムを採用。ピッキングを未然に防ぐ超高精度シリンダー錠。来訪者を室内から確認できるオートロックシステム。毎日の暮らしを安全に見守るステーション24監視センターで万全のセキュリティ対策。ライフスタイルに合わせてフローリングから家具パネル等自由にカラーセレクションがコーディネイトできる。

管理組合の実情:理事長、副理事長、理事(会計)、監事、アドバイザーで構成。理事会は年に5回程度、総会は、年1回おこないます。

祇園祭との関わり:宵山の日には、1階アプローチ横に設置された、福々しい表情の布袋像が顔を出し、伝統ある祭りを祝います。

町内会や自治連合会との関わりや行事の参加等について、就任したばかりでわからないことばかりです。                 

                                記・管理組合理事長 井上純

  

 

                   第10回 『ヴィヴァーチェ三条室町』

所在地三条通室町西入ル衣棚町50

 平成十年七月入居開始。鉄骨鉄筋コンクリート造十一階建て(一部十階)、3LDKで総戸数は三十八戸。

マンションの特徴 

伝統の町屋風情とみごとに融けあう総タイル貼りの瀟洒な外観、天然石貼りのエントランスや京風の坪庭は、住まう人・訪れる人を優しく包む雅趣に富んだ贅沢なしつらいであり、暮らしの中の潤いのあるアクセントです。

エントランス奥の坪庭は、この地の旧家の庭園の復元で、飛び石につづく井筒や石燈籠は、昔を偲ぶ和みの風景となっております。

ワンフロアー四戸の小じんまりとした家族的な集合住宅であるのも一つの特徴です。入居して十年ちかくなりますが、周りに高層ホテルや巨大マンションが建ち、四囲の山々が見づらくなったことが残念です(十年前は、屋上から五山の送り火がみえました)。

料亭『真砂』さんが営業中は、了頓通も賑やかな旦那衆とお客さんの華やいだ声が聞こえたものです。今は民家となり、子供たちの元気な声に変わりました。

向いは専門学校となり、往来する人たちがすっかり若返ったようです。

まわりの町内の方々や、明倫学区の人たちと助け合っていけるような関わりを少しずつ広げて行けたら良いなと思う昨今ですが、何しろ年齢だけ不足なく重ねた私で、判らないことだらけですが、これからもよろしくお願い致します。

管理員さんは、月〜金曜日駐在で、管理会社には二十四時間委託しています。

管理組合の役員 理事長、副理事長、理事、会計、書記、監事の計六名で、理事会は二〜三カ月に一回、総会は年一回開催。問題があれば臨時総会をおこないます。

児童数は十四名ですが、子供行事はありません。町内会との関わりは、その都度個人的に出席しておられます。

祇園祭との関わり 毎年というわけではありませんが、『鷹山』(「明倫」ニュース第十号参照)が保存されている三条通室町西入る大学堂眼鏡さん宅での組み立て飾りに参加しています。

祭事前には保存会の総会が開催され、当マンションは一軒の役割分担として代表が出席しております。

明倫自治連合会との関わり 就任したばかりで、マンション内での関わりもまだ解らないことが多いですが、これからは、徐々に町内会・明倫自治連合会との関わりをもってゆきます。

管理組合理事長 岡村艶子

 

第11回 『コンフォール室町 黒主山

所在地:中京区室町通三条下る烏帽子屋町495

◆マンションの特徴

 「コンフォール室町 黒主山」は、平成17年(2005)3月入居開始。鉄筋コンクリート造、地上10階建て、1LDKから2LDKの2タイプ総戸数は43戸と保存庫1戸です。管理員は一日おき。

 伝統ある古都の町並みに、凛として佇む直線的なフォルム。格子デザインや瓦なども巧みにアレンジしたダークブラウン系のタイル貼りの落ち着きある静かな表情は、町家も残る周辺の景観と美しく調和しています。風が通り抜け、光りが舞う心からくつろげる空間。暮らしの楽しみやゆとりを描く高品位な水まわり、いつでも安全に、快適に、基本性能にひとクラス上のこだわり、好み

に合わせたオーダープランで個性が活かせる住まい。ペット専用のくぐり戸を取り付けたり、グルーミングのための洗面室。あでやかに、たおやかに、みやこぐらし。

 一階には、祇園祭”黒主山”の保存庫が設けられ、祇園祭の際には、エントランススペースを  解放して山飾りが施されます。”黒主山”は「コンフォール室町 黒主山」の前に組み建てられます。町に息づく歴史の融合のひとつの”カタチ”に他なりません。

◆管理組合の実情

 理事長1名、副理事長1名、会計担当理事1名、理事1名、監事1名で、月に1度理事会を開催。

◆町内会との関り 児童は5名で子供の行事は特にありません。烏帽子屋町では毎年5月題2土曜日に、参加者の男女年齢を問わず愛宕山参拝を行っております。

◆祇園祭との関り 7月13日から18日までエントランスホールと駐車場が開放され”黒主山”の山建て、山飾り、宵山、巡行、後片付け等に、居住者も積極的にボランティア活動に参加しております。

◆明倫自治連合会との関り 特にありません。

                        記・管理組合理事長 大 森  

 

 

 

第12回   『アルス四条室町D-STYLE』  

所在地

室町通蛸薬師下る山伏山町                             

       入居開始平成15年3月

 

★総戸数34 (地上10階)、管理員は週3日(9時〜15時半)駐在

本マンションは、名前のとおり様々な照明技法を駆使して、アプローチ、ピロティからエントランスホールまで、光と影で立体的・ドラマッチックに演出されています。

管理組合の役員構成は、理事長1名、副理事長1名、理事1名、監事1名の計4名で、年に理事会を4回、総会を1回を開催します。

今年で6年目を迎える理事会では、住人のよりよい環境と安全を常に考えています。

 入居当時は児童数の少ないマンションでしたが、近年は新生児の誕生も多く、乳児4人、幼稚園児1人、小学生1人、中学生1人となり、より活発なマンションへと変わろうとしています。

現在はまだマンションでの行事はありません。

管理組会として山伏山町内会に加入、主に理事長が町内の会合に参加しており、年間を通し、新年会や最大のイベントでもある祇園祭にかかわる会合があります。

祇園祭には、当マンションからも個人的に毎年数人の方が山建て、山飾り、ちまきづくり等に参加させて頂いております。

理事会としては自治連合会との関わりはありませんが、個人レベルで精力的に協力されている方もおられます。

アルス四条室町D-STYLE

管理組合理事長 平田 勝彦

 

第13回 『グランゼロ新町

所在地:中京区新町通三条下ル三条町348

入居開始年月:平成10年6月(1998年)入居開始

    構造・階数:鉄骨鉄筋コンクリート造     (一部鉄筋コンクリート造)、地上10    階建て

 間取り・タイプ・総戸数:2LDK+S から 3LDK の4タイプ、22戸

 管理員の駐在状況はなく、管理会社に委託。

 マンションの特徴:都心にこそ必要なゆとりとやすらぎをテーマに、採光抜群の全室角部屋と全戸に確保された駐車場が自慢です。新町通と六角通の交差点をほんの少し上がったところに位置しており、祇園祭の際には「グランゼロ新町」北よりに「八幡山」が組み立てられます。ファミリータイプの総戸数22戸からなる“こじんまり”としたマンションで、おそらく明倫ニュースで紹介された歴代マンションの中では最も少ない戸数ではないでしょうか。1階、2階部分はエントランスおよび駐車・駐輪等の共有スペースに割りあてられており、3階から10階までが居住空間となっております。ワンフロアーあたりの戸数は3戸(最上階は1戸)で、南北の通路を挟んで西側に1戸、東側に2戸の配置となっております。全戸が角部屋という恵まれた構成により、全ての居住部屋に窓がある、使いやすさ・快適さを充実させた永住志向の間取りに仕上がっております。

◆ 管理組合の実情:今年(平成20年)で10周年を迎える理事会は、理事長1名、副理事長1名、理事2名、監事1名の計5名から構成されております。2ヶ月に1度理事会を、そして年に1度総会を開催しております。

◆ 児童数と子どもの行事:児童数は3名。マンションでの行事はありません。

◆ 町内会との関わり:管理組合として三条町内会に入らせていただいております。管理組合から町内会担当理事を選出することはありませんが、町内会の皆様からは分け隔てない行事へのお誘いを頂いております。行事への参加は個人の自主性に委ねているのが現状です。

◆ 祇園祭との関わり:管理組合として祭りに参加することはございません。個人的に「八幡山」の山建て、山飾り、ちまきづくり、山鉾巡行等に参加される方もおられます。1月1日は、八幡山会所で、新年互例会がおこなわれます。

◆ 明倫自治連合会との関わり:理事会での関わりはございませんが、個人レベルで精力的に協力されている方もおられます。明倫消防分団で初めての女性分団員が居住しておられ、心強い限りです。

      マンションの行事、その他:とくにありません。

                        管理組合理事長 平岡貴・記

 

 

第14回 『アワーズ四条烏丸』

   

所在地 蛸薬師通新町西入る不動町

・入居開始 平成13年8月

・規模 地上9階(24戸)

・管理人 週3回

○マンションの特徴 エントランスホールから坪庭が眺めることが出来、毎日の暮しに潤いが演出されています。

○役員構成(計6名)

・理事長1名、副理事長1名

・理事3名、幹事1名

定期総会年1回、他に臨時総会、理事会開催。

町内会との関わり 不動町町内会に加入、一月年賀の集い、八月地蔵盆、十月八坂神社へのお千度参りに参加。子供も少なく、マンションの行事はありません。

自治連との関わり 理事会としてはありません。

理事長 森