『忘れられた響き』コンサート 

~ペトロフ・ピアノ復活~

                                              2008.11.15

                      

京都芸術センターにあるペトロフ・ピアノは、大正時代に明倫学区の有志

により旧明倫小学校に寄贈され、明倫出身の画家中村大三郎画伯の

大正十五年(1926)の帝展入選作「ピアノ」としても知られています。

御大典記念に建設された、京都市美術館の初期所蔵品のひとつで

開館七十周年記念展のポスターにも使用されました。  

  ◆  

このピアノは当時のチェコの宮廷で重用された最高級のものでしたが

長年の間に傷みが進み、あまり演奏されることもなく

芸術センターに保管されています

このピアノを愛する人たちが、忘れられた響きと容姿を蘇らせようと、

 

京都芸術センターの協力を得て、定期的な演奏会を開催し、

 

収益金でピアノを修復しようという会を設立しました。

 

2004.11.23

 

コンサート歴

 

 

 

 皆様のご支援のお陰で15回の募金コンサートを経て

2008年11月15日に

修復が完成し、お披露目のコンサートを

行う事が出来ました。

今後も甦ったこのピアノの音色を

楽しんで頂きたいと思っています。

皆様方のご協力、ご支援に感謝申しあげます。

 

「明倫ペトロフの会」(会長、吉田孝次郎氏)

 


’08 明倫文化祭 ペトロフピアノ修復完成披露コンサート

 

 

 

 

 



コンサートスケジュール

 会場:京都芸術センター2F講堂

 京都市中京区室町通り蛸薬師下る

 『第33回』

 ペトロフピアノ コンサート

「音楽の森へ」

ー チェロとピアノの夕べ ー


  

2016年11月25日(金)午後6時30分開場 
午後7時開演
  

 
プログラム 


1部


ピアノ独奏:植村 照

「吹雪」~プーシキンの物語への音楽挿絵(独奏版)/スヴィーリドフ

もみの木/ シベリウス  他



2部

チェロ  & ピアノ
日野俊介  植村 照

森の静けさ/ドヴォルザーク
ロンド/ ドヴォルザーク
白鳥/サンサーンス
夢のあとに/ フォーレ


   経歴  

【日野俊介】
京都市立芸術大学卒業。京都音楽協会賞受賞。
神戸室内合奏団(現・神戸市室内合奏団),大阪センチュリー交響楽団(現・日本センチュリー交響楽団),
いずみシンフォニエッタなどを経て,現在は関西フィルハーモニーにて特別客演首席奏者として活躍する。

一方、フリー奏者として関西をはじめ、地方の楽団などでも数多く客演を務める他、
ソロや室内楽にも意欲的に取り組み活発に活動している。


【植村照】
同志社女子大学学芸学部音楽科ピアノ専攻卒業。ポーランド国立ワルシャワ・ショパンアカデミー音楽院研究科修了。
現在は、京都を拠点に後進の指導のほか、多数のリサイタル、伴奏など演奏活動を行っている。
その他、演奏家やアーティストとの協働により、親子向けや高齢者向けの多様なコンサートを積極的に行っている。
 
 
入場料 1000円

チケット販売は10月初旬
 

京都芸術センター・チケット窓口 075-213-1000

 問合せ/申込先 ●明倫ペトロフの会(担当 小島)

           fax:075-231-0727 
                       e-mail:petrof@meirin-news.com 
              
                                          

主催:明倫ペトロフの会

共催:京都芸術センター

   075-213-1000