『忘れられた響き』コンサート 

~ペトロフ・ピアノ復活~

                                              2008.11.15

                      

京都芸術センターにあるペトロフ・ピアノは、大正時代に明倫学区の有志

により旧明倫小学校に寄贈され、明倫出身の画家中村大三郎画伯の

大正十五年(1926)の帝展入選作「ピアノ」としても知られています。

御大典記念に建設された、京都市美術館の初期所蔵品のひとつで

開館七十周年記念展のポスターにも使用されました。  

  ◆  

このピアノは当時のチェコの宮廷で重用された最高級のものでしたが

長年の間に傷みが進み、あまり演奏されることもなく

芸術センターに保管されています

このピアノを愛する人たちが、忘れられた響きと容姿を蘇らせようと、

 

京都芸術センターの協力を得て、定期的な演奏会を開催し、

 

収益金でピアノを修復しようという会を設立しました。

 

2004.11.23

 

コンサート歴

 

 

 

 皆様のご支援のお陰で15回の募金コンサートを経て

2008年11月15日に

修復が完成し、お披露目のコンサートを

行う事が出来ました。

今後も甦ったこのピアノの音色を

楽しんで頂きたいと思っています。

皆様方のご協力、ご支援に感謝申しあげます。

 

「明倫ペトロフの会」(会長、吉田孝次郎氏)

 


’08 明倫文化祭 ペトロフピアノ修復完成披露コンサート

 

 

 

 

 


コンサートスケジュール

 会場:京都芸術センター2F講堂

 京都市中京区室町通り蛸薬師下る

 『第38回』

11月9日(金)午後7時開演

 

“ペトロフピアノコンサート”

フルート&ピアノ
“中欧の想い出”

演奏


フルート:山村有佳里

ピアノ小田裕之


詳細



入場料 1000円

 

チケット販売・京都芸術センター 075-213-1000

または      

            問合せ/申込先 ●明倫ペトロフの会(担当 長谷川) 1月

          fax:075-221-4406 

e-mail:ah-koji@mbox.kyoto-inet.or.jp  

                                             

主催:明倫ペトロフの会

共催:京都芸術センター

   075-213-1000